コンテンツへスキップ

2024年7月~9月の授業風景

最終更新日:2024年7月20日

ad-earth-shop-online

7月19日@白水ヶ丘教室

Y.F さんは、タイピングの練習をしました。一文字ずつ丁寧にキーを入力していて上手でしたよ。他には、「ダダサバイバー」の背景を「バックパック」を使って Y.F さんの作品に取り込みました。来週は「音楽」も持ってくるようにしたいですね。今日も楽しく取り組むことができていたと思います。

IMG_9659

Y.H さんは、炎や水の入ったバケツなどをドット絵で描いていました(うまく描けていたのに写真を撮り忘れました、ごめんね)。ドット絵で描いた絵をスクラッチに取り込み、上手にプログラミングできていました。

K さんは、今月末に開催されるスクラッチの検定を受験します。3級を受験するとのことで、今日はそのサンプル問題を解きました。以前も解いたことがあるのですが、今回はより本番に近い環境で解いてもらいました。受験の準備が大変そうです。当日に準備するのではなく、事前に確かめておくことをおすすめします。

IMG_9661

R さんは、宇宙で資源を集める作品を作っています。マジックナンバーのことについてアドバイスをしました。「なるほどー」と理解してくれたようです。その際にコスチューム名をリストを使って定義したらどうかとアドバイスしたのですが、それはあまりよくない方法かもしれません。来週訂正しますね。

IMG_9660

7月17日@春日教室

S.C さんはホラーゲームを作ることに決めたようです。一人称視点で謎を解いていくゲームを作りたいとこのこと。今日は先生とパソコンを並べて仲良くペアプログラミングしました。この方法が一番教えやすく、生徒の理解も早い気がします。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、、、」ですね。

IMG_9657

7月10日@春日教室

T.K さんも、樋井川教室の生徒と同じく再生可能エネルギーに関する作品を作りたいとのことでした。学校の授業で調べたことがあるそうで、そのときの勉強が役に立ちそうです。作品の全体像を考えて、早速プログラミングに取り掛かっていました。プログラミングが大好きそうです。

IMG_9633

S.C さんは大会に応募しようかどうかで迷っている様子です。「無理して出さなくてもいいよ。好きなものを作っていいよ」と伝えています。ただ、「そんなに難しく考えなくてもいいんだよ」とも伝えています。本人はホラーゲームを作るか、環境問題(ゴミの問題)の作品を作って大会に応募するか、で迷っていました。本人が納得して作品作りに取り組んで欲しいなと思いながら、やる気スイッチを探し中です。

7月9日@樋井川教室

スクラッチプログラミング大会の作品作りが終わり、気持ちを新たに再始動です。次に挑戦するのは「全国選抜小学生プログラミング大会」です。この大会は全国の新聞社が主催する全国規模の大会です。福岡県大会(予選)は、西日本新聞社が担当しています。テーマは昨年と同じく「みんなのみらい」です。

K.T さんは環境問題について興味をもったようです。二酸化炭素を集める作品を考えているようです。M.Y さんは、エネルギー問題、特に再生可能エネルギーに関する作品を作るようです。

K.M さんと H.M さんは今日はドット絵に挑戦しました。K.M さんは初めてのドット絵で、こんなに美味しそうなお弁当が描けました。時間にして30分程度でしたよ!すごいですよね。(絵心のない私からすると)H.M さんにいたっては「画伯!」という感じです。楽しい時間はあっという間に過ぎたようすでした。

IMG_9631
IMG_9630
ad-earth-shop-online2

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA