コンテンツへスキップ

WebGL Build Support をインストールする方法

概要

Unity で作った作品は、PC(Windows、Mac、Linux)やアプリ(Android、iOS)、Web サイト上などで公開することができます。ここでは、Web 上に公開するために必要となる「WebGL Build Support」のインストール方法について説明します。

下図は、「Unity Play」という Unity 公式の Web サイト上に作品を公開したものです。作品ごとに URL が付与されます(下図の赤枠)。

unity-play

手順

STEP ①:Unity Hub を開き、「インストール」を選択する

1

STEP ②:歯車マークを選択して「モジュールを加える」を選択する

2

STEP ③:「WebGL Build Support」にチェックを入れて、「インストール」をクリックする

3

STEP ④:インストールが完了するまで待つ

インストールが完了すると、下図の赤枠のように「インストールが完了しました」と表示されます。

4

STEP ⑤:Unity のプロジェクトを開きなおす

インストールが完了したら、もう一度 Unity のプロジェクトを開きなおします。

5

おすすめの小学生向けプログラミング教室

ad-earth-shop-online

当教室をおすすめする理由

完全個人レッスンで、お子さま一人ひとりに合わせたアドバイスをします
月謝が安いので続けやすい
(月4回コース:7,000円、都度コース:1回につき2,000円 ※1回55分授業)
オンラインレッスンなので、送迎が不要
プログラミングの大会応募や検定受験などを中心に年間スケジュールを作成します
小学3年生から受けることができます
保護者の方がレッスンを見守ることができる

ゲーム作りを通して、楽しくプログラミングが学べます

「スイカゲーム」や「マインクラフト」、「フォートナイト」など、人気のゲームを作れるようになります。生徒が作りたい作品に取り組むので、プログラミングに夢中になる子もいます。保護者の方から、「授業がない日でもプログラミングをしています」という嬉しい報告を多数いただいています。

games

選べる「入会特典」

① 最初の月謝が無料

 55分のレッスンを4回無料で受講できます

② ディスプレイをプレゼント

 ディスプレイを二つ並べて作業効率をアップさせよう!

ad-earth-shop-online2

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA