コンテンツへスキップ

レッスン5:① while 文


概要

レッスン5では、「繰り返し」について学習します。まずは while 文について理解を深めましょう。

while 文の基本形は以下の通りです。

while( 条件式 )
{
    // 処理 A
}

while 文の処理の流れは下図のようになります。while 文の条件式を評価し、条件を満たす場合は「true」のルートに進みます。処理 A を実行し、再び条件式を評価します。条件式が成立する間は、処理 A が繰り返し実行されます。条件式が成立しなかった場合は「false」のルートに進み、while 文から抜けます。

lesson5-1-1

STEP1:コンソールアプリを追加し、C# プログラム(ファイル)を追加する

こちらの記事を参考にして、コンソールアプリ(プロジェクト名:Lesson5)と C# プログラム(ファイル名:Lesson5_1)を追加します。

STEP2:プログラムを記述する

Lesson5_1.cs のプログラムを下記のように変更します。

namespace Lesson5
{
    public static class Lesson5_1
    {
        /// <summary>
        /// (1). while 文(1から10までの和)
        /// </summary>
        public static void Text1()
        {
            Console.WriteLine("(1). while 文(1から10までの和)");
            int x = 1;
            int sum = 0;
            while(x < 11)
            {
                Console.WriteLine(" {0} を足します。", x);
                sum = sum + x;
                Console.WriteLine("  現在の合計は {0} です。", sum);
                x = x + 1;
            }
            Console.WriteLine("--------------------------");
            Console.WriteLine("1から10までの和は {0} です。", sum);
        }
    }
}

Program.cs のファイルの中身を下記に置き換えます。

namespace Lesson4
{
    public class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Lesson5.Lesson5_1.Text1();
        }
    }
}

STEP3:動作を確認する

以下のように、足し算の途中経過が繰り返し出力されると思います。

lesson5-1-2

次に進む

次は、for 文を使った「繰り返し」について学びます。