コンテンツへスキップ

レッスン3:③ 単項演算子


概要

このページでは、単項演算子について学習します。単項演算子とは数値の前、または後ろにつく演算子です。代表的なものに「ー(マイナス)」があります。

演算子内容例(x = 1 のとき)
+xx のまま変わらずy = +x
(x = 1、y = 1)
-x符号が反転するy = -x
(x = 1、y = -1)
++x前置インクリメントy = ++x
(x = 2、y = 2)
x++後置インクリメントy = x++
(x = 2、y = 1)
‐‐x前置デクリメント(※)y = ‐‐x
(x = 0、y = 0)
x‐‐後置デクリメント(※)y = x‐‐
(x = 0、y = 1)
!xx の否定bool b = true
c = !b
(y は true の否定 false になる)
※ 「‐」は全角で表記しているが、実際のプログラムでは半角「-」を使用すること

STEP1:C# プログラム(ファイル)を追加する

こちらの記事を参考にして、コンソールアプリ(プロジェクト名:Lesson3)に C# プログラム(ファイル名:Lesson3_3)を追加します。

STEP2:プログラムを記述する

Lesson3_3.cs のプログラムを下記のように変更します。

namespace Lesson3
{
    public static class Lesson3_3
    {
        /// <summary>
        /// (1). 単項演算子
        /// </summary>
        public static void Text1()
        {
            int x;
            int y;

            Console.WriteLine("(1). 単項演算子");
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");
            Console.WriteLine(" ★★★ 計算前(x = 1) ★★★ ");
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = +x;
            Console.WriteLine(" y = +x");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = -x;
            Console.WriteLine(" y = -x");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = ++x;
            Console.WriteLine(" y = ++x");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = x++;
            Console.WriteLine(" y = x++");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = --x;
            Console.WriteLine(" y = --x");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            x = 1;
            y = x--;
            Console.WriteLine(" y = x--");
            Console.WriteLine("  ⇒ (x = {0}, y = {1})", x, y);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");

            bool b = true;
            bool c = !b;
            Console.WriteLine(" c = !b");
            Console.WriteLine("  ⇒ (b = {0}, c = {1})", b, c);
            Console.WriteLine(" ----------------------- ");
        }
    }
}

STEP3:動作を確認する

以下のような結果が得られたでしょうか。予想外の計算結果になったところはありましたか?確認してみてください。

1

次に進む

ここでは単項演算子について学びました。次は、演算の順序について学習します。